会社が社員研修を行う理由と仕事のクオリティー

多くの企業では、新しく入社してきた従業員に対する社員研修を行っています。
その主な理由は、クオリティーです。
殆どの企業には、取引先があります。
取引先のために仕事を行えば、報酬や対価などが支払われる訳です。
ただし取引先のために仕事をすれば、評価も下される事になります。
高く評価されれば、次回以降も発注してくれる傾向があります。
しかし評価があまり高くないと、次回以降は発注されないケースもある訳です。
ですから自社の社員による仕事には、一定以上のクオリティーも求められます。
クオリティーが一定以上の基準でないと、取引先からの評価が下がってしまう可能性があるので、従業員の仕事の質を高める必要があります。
そのためには、従業員の教育を行っておかなければなりません。
新入社員は、必ずしもハイレベルなスキルを習得しているとは限りません。
スキル不足ですと、仕事の質が下がってしまう可能性があるので、多くの企業は社員研修を行っている訳です。